Home > 桜井マッハ速人 > PRIDE男祭り2005 五味隆典VS桜井マッハ速人

PRIDE男祭り2005 五味隆典VS桜井マッハ速人

2005.12.31さいたまスーパーアリーナ
第7試合 PRIDE GP 2005 ライト級トーナメント決勝戦

五味 隆典 VS 桜井マッハ速人

勢いに乗る五味が、PRIDE無敗の記録を続行しタイトルを手中に収めるか。マッハに全盛期の強さが戻っていれば勝敗は混とんとしてくる。勝者がPRIDE初の日本人チャンピオンとなる。

◆桜井マッハ速人 データ

(さくらい”マッハ”はやと、男性、1975年8月24日 - )は、日本の総合格闘家。茨城県龍ケ崎市出身。マッハ道場主宰。修斗四天王の一人。

PRIDE武士道では「野生のカリスマ」というキャッチフレーズで呼ばれていた。通常体重は92~93kg。

中学・高校を通じて柔道を学び、土浦日大高校柔道部を引退後、空手を学び始める。高校時代は小見川道大、宮田和幸と同級生であった。

高校卒業後はアルバイトをしながら空手の修行をしていたが修斗に興味を覚え、修斗を学ぶために上京した。しかし間違ってシュートボクシングの道場であるシーザージムに入門。緒形健一、土井広之、村浜武洋らと練習を行い、アマチュアのシュートボクシングの選手として活躍。1995年6月に第11回アマチュアシュートボクシング選手権関東大会で優勝、同年12月に第6回全日本アマチュアシュートボクシング選手権全国大会で優勝を果たした。プロ昇格の権利を得るがプロにはならず、その後修斗に転向、木口レスリング道場に入門する。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2010-02-19| 桜井マッハ速人| タグ -
?
関連動画

特選!格闘技動画