Home > エメリヤーエンコ・ヒョードル > ヒョードル VS ベルドゥム - ヒョードル歴史的敗戦

ヒョードル VS ベルドゥム - ヒョードル歴史的敗戦

日本ブランドPRIDEから生まれた1/6,000,000,000の最強皇帝

エメリヤーエンコ・ヒョードルの無配伝説に終止符が打たれる。

負け方もヒョードルらしさが終始光って見えます・・・。

相手を打撃で圧倒させるスタイルは負けるときも同じだった・・・。

◆エメリヤーエンコ・ヒョードル データ

2009年までは日本だけでなくアメリカなどのメディアからも「総合格闘技界全体で最強」と評価されており、多くのランキングにおいてヘビー級(93kg-120kg)世界1位にランクインしている。また長年活躍したロシアのトップアスリートだけに送られるスポーツマスターの称号も持つ。

リングスの活動停止後、2002年6月23日のPRIDE.21においてPRIDE初参戦。当時パンクラス無差別級王者だったセーム・シュルトに30cmのリーチ差をものともせず、グラウンドのポジショニングで優位に立って判定勝ち、PRIDEデビューを飾った。同年11月24日のPRIDE.23では、ヒース・ヒーリングをパウンドの連打によるTKOで勝利し、ヘビー級タイトルマッチ挑戦権を獲得した。

ウィキペディア(Wikipedia) 参照

2011-01-06| エメリヤーエンコ・ヒョードル| タグ - , , , ,
?
関連動画

特選!格闘技動画