Home > 堀口恭司 > 堀口恭司 vs マネル・ケイプ

堀口恭司 vs マネル・ケイプ

2017年12月31日に行われた『RIZINバンタム級トーナメント 準決勝』1ラウンドから堀口の鋭い右フックでケイプはぐらつきながらもダウンせず、幾度もクリーンヒットするが、ダウンしない。今大会ではノーマークの実績の無いマネル・ケイプだが、実に総合格闘技らしい試合となる。

kakutogi_00028.jpg

【堀口恭司 vs マネル・ケイプ】

◆堀口恭司 データ

(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日)は、日本の男性総合格闘家。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。栃木県宇都宮市の作新学院高校卒業。アメリカン・トップチーム所属。元修斗世界バンタム級王者。

尊敬する選手には師の山本”KID”徳郁を挙げており、山本が自身よりも大きい選手をKOする姿に憧れたという。UFCの中で好きな選手にはケイン・ヴェラスケスを挙げている。
元々有名になったりテレビに出演したりしたいという欲求がなかったが、人目につかないと稼げないと思い、これがRIZIN参戦のきっかけとなった。
アマチュア相撲断念後にKRAZY BEEに入門した石浦将勝を、スパーリングでボコボコにしたことがある。石浦は、相撲に避けるという概念が無いのが敗因であると2018年に神取忍から受けたインタビューで振り返っている。
戦績

ウィキペディア 参照

2018-04-21| 堀口恭司| タグ - , ,
?
関連動画

特選!格闘技動画